2017年6月22日木曜日

廃棄処分の主翼を再利用

工作メモです。
古い、廃棄処分予定のスタイロもしくは、発泡スチロールの主翼の
翼端を再利用してスパン36cm以下クラスの主翼を作りました。
要するに、切り貼りしただけ。
捨ててしまうよりは良いだろうという考え。



かなり、ズングリムックリの主翼だが、まあ試しです。
翼端ペグをそのまま利用して、FF-DLGになるよてい。

2017年6月14日水曜日

新作モーターグライダーの工作メモです。

私の場合、本日は公休です。
色々、工作したかったのですが、これまで。
実家の掃除や草刈りしたり、実家の自転車のパンク修理したり、
明日は、また24時間勤務ですので、ここまでです。

モーターグライダー新作機の主翼の組み立てと尾翼の組み立てを少しづつ進めています。
アーバンXCが先日のとんでも無いサーマルに乗ってビビってしまった事から考えて、
RC-グライダーの主翼の性能について考えた。
浮き主体だと、サーマルに良く乗りますが、脱出するのに、
苦労しました。思いっきりダイブさせたいが、主翼や、尾翼の強度の限界が
解からず、思いっきりのダイブは出来ませんでした。要するにフラッターが怖い。
だってあの機体、主翼のDボックスの下面のプランク材に穴がたくさん開いているから。
Cl大の主翼よりも、ClはそこそこでCd小の主翼が良いと思います。そして、丈夫な事。
そうしたら、サーマルから別のサーマルに自由に移動出来るかも知れません。
そうです、お空で飛んでいるときの安心感が欲しい。バルサキットの限界か?
その「ClはそこそこでCd小」にするために、主翼のエントリーポイントを少しだけ上に
上げるという方法が有ります。FF屋さん流に言うと前縁削ぎ上げです。
これ、やってみないと解かりませんがトライです。



3ミリバルサの木目をジグザクにした補強を入れつつ、
肉抜きをして軽量化を図っている水平尾翼。
写真はサンディング前の為、肉抜き前です。
今回もV尾翼に改造する予定。

アーバンXCのV尾翼化による、軽量化がうまくいったので、
今度もV尾翼にしようと考えています。
何しろラダーの重さが無い分テールが軽く出来るのです。よって、機体が軽く出来る。
重量に余裕があれば多少は主翼や尾翼の強度を上げたい。
まあ、今日はここまで。


2017年6月5日月曜日

アーバンXCを飛ばしてきました

本日、私の場合は公休です。6月に入りそろそろ梅雨入りで飛ばせなくなります。
そこで、いつものいきなり飛ばしに行きたくなる病です。
アーバンXCを飛ばしてきました。
風は北北西約0.5m、もしくは時々無風の絶好のコンディション。
今回は、前回の反省を鑑みて、
受信機アンテナを胴体の外部の左右に90°の捻れの位置にてテーピング。
送信機のダミーアンテナを真横にセット。
一応念のため、地上にて距離テスト。
エルロンのデュアルレートはキックダウン無しの、大きい舵角で送信機側の
スティックを繊細に操作するように設定。これは、前回、風下にノーズを向けた途端に
エルロンの効きが悪くなって、ノーコンなのでは?とビビッてしまった事への対策です。
しばらく周囲の安全を確認するため、木の下で朝食しながら休憩。


さて、飛行の時間です。
モーターオンで上空へ。高度は約110メートル。
その後滑空へ。テレメトリーデータで確認しながら、高度50メートルまで滑空。
その後、モーターオンで上空110メートル近辺まで上げること3回。
3回目でどうやらサーマルをとらえた様です。ラッキーです。
バリオセンサーの音がプラスである事を「ピッピッピ・・・」という音で知らせて
くれています。そのまま旋回を続けていたら。
その音が「ピピッピピッピピ・・・」
という更にプラスで上昇している音に変わりました。
おお、これは強いプラスの上昇をしている。
時間にして2~3分位、その空域を旋回していて、
ふとテレメトリーの高度計をみたら、何と380メートルを示していた。

ピンぼけですが、本日の最高高度386.5m
そして、バリオ計の音は引き続き上昇を続けている事を示している。
こえは、上がり過ぎだ。過ぎたるは及ばざるが如し。
普段のハンドランチでは上がらない高度でちょっと勝手が違うようです。
要するにサーマルが強過ぎます。
普段は「サーマル・サーマル」と追っかけていますが、いざ強いサーマルに入ると少し
ビビッてしまいます。良い緊張か、悪い緊張かは解かりません。
この空域から離れないとどんどん持っていかれると思い、脱出です。
機首を風上に向け、スポイラーを全開。ノーズダウン・・・
約30°のノーズダウンで少しずつ高度を下げていきますが、
なかなか高度は下がらず。仕方ないので、約45°ノーズをダウンにして
ゆっくりスパイラルに入れます。やっぱり緊張しています。
サーマルに入ったのは良いが、
いざ入るとサーマルの上昇スピードが速すぎでなんとも・・・
もっと穏やかなサーマルってない物か?と思いながら高度を下げて・・・
無事地上に着陸。飛行時間はせいぜい20分位だと思います。
さて、今日はもうこれで満足、集中力限界。
おなか一杯。
無事、先日修理完了した我が家の車で帰途に就きました。 





家の車のその後

お久しぶりです。
さて、あれから車の方は、ホンダのディーラーに見てもらい、
TDCセンサーが不良とのことで、交換。
プラグホール周りのパッキン不良で、若干のオイル漏れしているとのことで、交換。
その後、普段の生活で走行しましたが、問題無し。
前より、エンジンがスムーズに回っている様な、気がします。
それにしても、走行中いきなりエンジンが止まってしまうのは困ります。
何といっても、まず、ハンドルとブレーキが重くなって、特に、
ブレーキは男の足で思いっきり踏まないと効かない位なので、ちょっとした恐怖です。
カミさんが運転していたら、危なかった。
このTDCセンサーは、ピストンが圧縮上死点に来ているかを検出する物で、
エンジンを制御するコンピュータにこの信号が入るらしいです。
このセンサーが、壊れると点火スパークも、燃料も止まってしまうという物だそうです。
私はこれは定期的に交換した方がが良いと思うが、ホンダに聞いたら定期的に交換する
部品ではないとのこと。でもたまに壊れるらしい。ちなみに、うちの車の走行距離は、
96、000キロ。
ホンダ車に乗っている方は注意したほうが良いです。
工賃は、TDCセンサーのみなら8千500円位です。
いきなりエンジン止まる前に換えたほうが良いのではと思います。

2017年5月22日月曜日

ランチャーズ5月例会ですが・・・

5月例会に参加しましたが、まず、その前に、
帰宅途中で、車が走行不能になりまして、炎天下の中レッカー呼んだり、
警察に連絡したりでさんざんでした。
道のど真ん中でエンジン停止。再始動出来ず。慌てて手で押して横道まで車を移動。
炎天下の中、レッカーくるまでそこに居たら本当に死んでしまうと思い、近くのコンビニ
へ避難。やく50分ほど待ちました。
直接、ホンダのディーラーまで運んでもらえばよかったが、車内に飛行機等など色々
荷物があったので、自宅に運んでもらいました。
今日、これから、またレッカー呼んで運んでもらう所です。
教訓。JAF入会は必ず必要です。 どんなスーパーカーでも。

そんなわけで、ランチャーズレポートはまた今度アップします。
まあ、暑さと葦だらけの中、こっちもさんざんでした。修行してるみたいでした(笑)
皆さんも暑い中お疲れ様でした。



2017年5月14日日曜日

このホッタラカシのキットを製作再開

工作メモです。
すっかりやる気無くしてホッタラカシだったこの機体の製作を再開しました。
ヨシオカのルフト2.2を5年くらいホッタラカシにしていました。
やっとやる気が出ました。
スパン2.2メートル、薄翼、ポッドアンドブーム構造の胴体。軽量なフローターです。
エルロン機ながら、上反角がしっかり有る主翼ゆえ、ラダー機に近い性格です。
責任もって?完成させます。



Dボックスに穴は開いていない代わりにリブには細かい穴がたくさん開いていて、
実機を良く知る人の設計の様です。
元々、原寸図が無いのがちょっと驚きです。説明書通り組み立てるとプラモデルに近い
具合に組みあがって行きます。
先日完成したアーバンXCよりもかなり薄翼です。そして軽そう。
滑空の違いがどうなるか楽しみです。

先日のアーバンXCの飛行でアンテナの向きを間違えてノーコンやらかした事、
会社のRCの先輩に話ししたら、アンテナの横向きが当たり前だと言われました。




2017年5月12日金曜日

アーバンXC2回目の飛行

アーバンXC2回目の飛行です。
風は南東1m弱の微風。但し、暑い。
暑いの嫌いな私は、いったんやる気なくすが、
木陰に逃げて一休みして、そこで機体を組み立て。

まずは、先日復活させた、MISTRALの飛行テストから。
こちらは、リポ電池仕様および2.4Gへ移行したものです。
モーターONで問題無く上昇。重心位置の多少の後退は問題無し。
ハーフスロットル以下で上昇。怖いのでフルハイにはしません。
滑空は、この機体の少ない上反角、短いテールモーメントのせいでちょっと
ロール方向とピッチ方向の姿勢維持の操縦が難しいのは昔と同じ。
バッテリーが軽くなり170gも軽量化したが、
沈下率はさほど変わりはありませんでした。
ちょっとがっかり。しかし、復活したので良かった。
さて、今日の主役はアーバンXC。

クーリング用エアーインテークを2か所開けた。4.7Φ

胴体カバーにクーリングエアー抜きダクトを10箇所開けた。4.7Φ

モーターのケーブルを固定した。

バルクヘッドの中を通っていたモーターのケーブルを外に回して、
バッテリーが目一杯前に搭載出来るようにした。


写真の様に手を加えたアーバンXCはバッテリーを1500mAhから2200mAh
に変更して、多少重くした。全備重量875gから948gとなり、
翼面荷重は18.3g/dm2から19.9g/dm2として本日再飛行。
モーターONで上空へ、そして滑空へ入れる。おお、前よりも多少前へ走るように
なったが、相変わらず軽くてゆっくり飛ぶ。いつまでも浮いている感じ。
そのうち、サーマルに乗ってしまう感じです。完全なフローターです。
しばらくサーマルを探して
風下150メートル位までサークリングしていたら、あれ・・・
何だか舵の利きが鈍い。遅れて反応する。もしかして・・・
バランスを崩す。
なんとか、立て直して、手前のグランドに機首を向けて、グランド上空まで戻す。
スポイラー効かせてゆっくり着陸。
今のもしかしてノーコン?
プロポも受信機も新品でバッテリーも充電したばかり。
これはおかしいので今日はこれで退散することにする。
日々の用事で忙しくて8年以上かけて作った機体です。飛行2回目で壊す訳には行かない。
モーターの過熱はクーリングダクトを開けたのが効いたようで、問題無かった。
さて、あのフラツキは何だったのか?
飽くまでこの先は私の推論ですので悪しからず。


このアンテナの角度で飛ばしていたが、
夢中で操縦していたら、アンテナの先端方向に機体が有った様だ。
メーカー説明書によるとアンテナの先端方向が一番電波が弱いらしい。
よってこれは私の場合NG。

アンテナを90°真横に曲げる方法。
よく、ネットの動画でアメリカのRCマニアはこうやって使っていた。この方が
私にも安全かもしれない。機体の方に体を向けていればの条件付きですが。

もしくは90°真上でも良いか?でも機体が真上上空高く飛行していたら、
やはりこれもまずいかも知れません。

2.4Gプロポの特性として、アンテナの先端方向へ飛ぶ電波は弱いので、
それを機体の方向に向けたら危険だったのかの知れません。
アンテナは真横90°で今度試してみます。
アンテナの先を斜め下に折り曲げて使っていたが、
どうやら操縦している最中に無意識にアンテナの先端を飛行中の機体に
向けていたと考えられる。

新しい機器を使うときは慣れないのでいろいろ前もって試行錯誤しないと危ない。
これが、嫌なら、昔のFM電波に戻すしかないが、FMは混信が怖いので使えません。
次回は、飛行前に地上で目いっぱい離れて双眼鏡で覗いて舵を動かして
電波の距離テストをやってから飛行することにします。